粋講座 | 千葉市 蘇我駅 着物のことなら「きもの和裳家丸山」

TOP粋講座 > 種類・名称

きもの
洋服に対する、和服の意に用いられているが、本来は着るもの全体の意である。「着るもの」がつまって「きもの」になったと考えられる。
「きもの」は、和服を意味する国際語として通用している。羽織、コート、襦袢などは含まず、もっぱら長着のことを言う。
きものの胴部に巻き付けるものの総称。中性までは紐、または紐状のものを帯と言った。現代の帯には、丸帯、袋帯、なごや帯、袋なごや帯、半幅帯、腹合わせ帯、細帯、黒共帯(喪服用)、角帯、兵児帯などがある。ほかに夏用の単帯、子供用の祝い帯、兵児帯がある。
帯は材質、柄、仕立て方によって格が異なる。織組織で柄を表したものを織帯、染の技法で柄を表したものを染帯とよんでいる。
長着
足首の辺りまである丈の長いきもの。羽織やコートに対しての語。季節によって裏をつけた袷(あわせ)、裏をつけない単(ひとえ)、綿入れなどがある。また年齢と使用生地によって大裁(本裁)、中裁(四つ身)、小裁(一つ身、三つ身)などに分けられる。男物は対丈、女物は丈を長く仕立てて、お端折りで調節して着る。
襦袢
和服用の下着。長襦袢、半襦袢、肌襦袢などがある。
ジバンのなまりでポルトガル語のGibaoが語源。
先染(織り)
織物を織る前に、原料糸を精錬、染色してから織ること。または、その織物のことをいう。後染に対する語。先染の代表的なきものには、紬、上布、木綿絣、御召などがある。先染ものは丈夫で実用性に富んでいるところから、街着や普段着として広く用いられているが、礼装には用いない。しかし、近年は先染による訪問着風の御召や紬織物があり、社交着に使うようになっている。
後染(染め)
織り上がった白生地にあとから染加工して、柄づけをすることをいう。先染に対する語。白生地は縮緬(ちりめん)、紋綸子(もんりんず)、羽二重(はぶたえ)、絽などが代表的で、これらは小紋染、友禅染、中形、紅型、絞り、蠟けつ染などに染められる。
後染の晴着には振袖、留袖、訪問着、付けさげなどがある。
留袖
留袖模様の略。紋付裾模様のきもの。江戸褄(えどづま)ともいう。地色が黒のものを黒留袖、他の色の場合は色留袖という。黒留袖は既婚女性の第一礼装で、染抜きの五つ紋を付ける。色留袖は第一礼装の五つ紋付きのほか、三つ紋や一つ紋の場合もある。また、振袖に対して、袖の短いきものを指すこともある。
留袖の名は、江戸時代、女性が成人になると振袖の袖を短く詰め、普通の袖丈にする習慣があり、「袖を留める」というところからの語である。
振袖
未婚の女性が着る礼装用の袖丈の長いきもの。袖丈の長さによって大振袖(三尺=一メートル一四センチぐらい)、中振袖(二尺八寸=一メートル六センチぐらい)、小振袖(二尺二寸=八三センチぐらい)がある。
訪問着
社交着として、絵羽模様(えばもよう)に染めたきものが、大正末期からつくられ、訪問着とよばれるようになった。主に胸、肩、袖、裾などに自由に模様をつける。古典文様や現代的な抽象画風のものまで各種ある。一つ紋をつけたものは、準礼装として着るようになった。生地は一越縮緬(ひとこしちりめん)、紋意匠縮緬(もんいしょうちりめん)、夏には絽(ろ)などが用いられる。最近は紬地の訪問着もある。
色無地
黒以外の色の一色無地染のきものをいう。紋意匠縮緬や紋綸子のような地紋のある生地を用いることが多い。色無地は、紋をつければ準礼装や略礼装として用いることが出来る。
小紋
文字通り小さい文様を、布地いっぱいに型染したもの。大紋や中形に対して、細かい文様という、分類上から出た名称。しかし現在では、文様の大小にかかわらず、型染で一方向に模様を繰り返す着尺地を総称している。
喪服
本来は、喪中に着る服の意であるが、現在は葬儀用の礼装となっている。和装では、黒羽二重(または黒縮緬)の染抜き五つ紋付が正式である。昔は白の下着を重ねたが、現代では省略することが多い。夏は羽二重に代わって絽が用いられる。
浴衣
湯帷子(ゆかたびら)の略称。昔の身分の高い人たちは、入浴するときに麻の単(湯帷子)を着たが、それが浴衣のはじまりといわれている。現代の浴衣は、木綿型染の中形のことをいう。また、先染の棒縞(ぼうじま)の木綿浴衣や、絞りの浴衣もある。
着流し
男性の略式きもの姿。羽織や袴をつけない姿をいう。日本では、古来袴をつけることを正式とし、特に江戸時代、男子は武家の裃姿、町人の羽織姿を正装としたため、この考えが今日まで及んでいる。そのため、きものだけの楽な姿を着流しという。女子は早くから羽織をつけない小袖帯を正装としていたため、女のきものでは着流しという語はない。
紬(つむぎ)
一般に、真綿糸や玉糸などを用いた、先染・平織の織物をいう。結城紬、塩沢紬のように産地名を冠したものが多い。外見は素朴で独特の風合いがあり、軽くて丈夫である。趣味性が高く、外出着やおしゃれ着として広く用いられている。無地のものもあるが柄は絣や格子、縞などが主で、絣で模様を織りだしたものは手間がかかるので高価である。
足袋
礼装から普段着まで、足を覆い包む和装小物。女性は白のキャラコが普通であるが、家庭用は別珍、コール天などの色ものが使われている。特別注文では、羽二重などの高級品もある。またこはぜも三枚〜四枚が一般的で、踊りなどで用いる場合は、五枚〜六枚ものを別誂する。男性は白が礼装用で、黒や紺は普段用である。昔はほとんどが革製で、指先の割れていない形のものであったが、室町時代以降には現在の形になった。こはぜも元禄年間から用いられており、それ以前は紐で結んでいた。
草履
女性用の厚みのある台の底は台がなく平で、鼻緒がすげられている和装履き物の一種。原型は藁の草履であったが、江戸時代に発達し、さらに明治以降改良されて、現在では礼装から普段まで履ける種類が揃い、和装履き物の主流となっている。
雪駄
男性用の履物。竹皮草履の裏面に皮を貼って防水機能を与え、皮底の踵部分に後金がついた草履の一種で、傷みにくく丈夫且つ、湿気を通しにくい構造となっている。水を打った露地での歩行や、積雪時歩行のため、千利休が考案したとも、利休と交流のあった茶人丿貫の意匠によるものともいわれている。主に茶人や風流人が用いるものとされた。現代においては、男性が着物を着る場合は多く雪駄が用いられている。江戸時代には江戸町奉行所の同心がばら緒の雪駄を履いていた。
下駄
木あるいは竹の台に鼻緒をすげ、そこに歯がついた和装履き物の一種で現代のサンダルに当たる普段履きに使われる。歴史は古墳時代にまでさかのぼれるほど古いが、装飾的な広がりをみたのは江戸時代以降で、駒下駄、雨下駄、日和下駄、右近下駄など、用途や形、地方によってさまざまな名称を冠した下駄がある。昭和以降は草履の発達により、普段用や浴衣用に用途が狭められる傾向にあったが、最近は見直され、畳表の台や刺繍の鼻緒など、しゃれ向きの下駄が多く見られるようになった。
羽織
和装用上着の一種。きものの上に着る丈の短い衣。語源は「はふりきる」にあり、長着の上に羽織るきものの意。身丈は流行によって変わり、衽(おくみ)に相当するものはなく、衿のあきから、まっすぐ前を裁ち落として衿をつけたもの。脇に襠を入れて身幅にゆとりを持たせ、胸もとで紐を結ぶ。また、衿は通常外側に折り返して着る。
羽織紐
羽織の胸のあたりにつける紐で、現代では組紐を、羽織の衿についた乳(ち)につけて用いる。
腰から足までをおおう、ゆったりした衣。古墳時代に、その祖型が見られる。現代では襠のある馬乗袴と襠のない行灯袴などがある。

ページのトップ